演目の紹介                    →「演目の一覧」に戻る

竜田(たつた)

【分類】四番目物 (雑能)

【作者】金春禅竹

【主人公】前シテ:巫女、後シテ:竜田姫の神霊

【あらすじ】(仕舞〔キリ〕の部分…下線部)

日本六十余州の神社仏閣に納経を志す廻国の僧が、奈良の社寺を拝し終え、続いて河内国(大阪府)へと急いでいます。途中、竜田明神に参詣のため、竜田川を渡ろうとすると、一人の巫女が現れ、「竜田川 紅葉乱れて 流るめり 渡らば錦 中や絶えなん」という古歌をひいて止めます。僧が、それは秋のことで、今はもう薄氷が張っている頃なのにと言うと、巫女は更に「竜田川 紅葉を閉づる 薄氷 渡らばそれも 中や絶えなん」という歌もあると答え、別の道から社前に案内します。そして、霜枯れの季節にまだ紅葉しているのを不審に思う僧に、紅葉が神木であることを語ります。さらに竜田山の宮廻りをするうちに、巫女は、自分は竜田姫の神霊であると名乗って社殿の中へ姿を消してしまいます。

<中入>

その夜、僧が社前で通夜をしていると、竜田姫の神霊が現れて、明神の縁起を語り、あたりの風景を賞美したあと、神楽を奏して、虚空へと上っていきます。

【詞章】(仕舞〔キリ〕の部分の抜粋)

ひさかたの。月も落ちくる。滝まつり。波の.竜田の。神のみ前に。神のみ前に。散るはもみじ葉。すなわち神の幣。竜田の山陰の。時雨降る音は。さっさっの鈴の声。立つや川波は。それぞ白木綿。神風松風吹き乱れ吹き乱れ。もみじ葉散り飛ぶ木綿附鳥の。み祓も幣も。ひるがえる小忌衣。謹上再拝再拝再拝と。山河草木国土治まりて。神はあがらせ.たまいけり。

 

 

[ ホーム ] [ 能のミニ知識 ] [ 能の演目の紹介 ]