演目の紹介                    →「演目の一覧」に戻る

鞍馬天狗(くらまてんぐ)

【分類】五番目物(切能)

【作者】宮増

【主人公】シテ:山伏、後シテ:大天狗

【あらすじ】(第43回名古屋春栄会の独吟の部分は下線部です。)

鞍馬山の奥、僧正が谷に住む山伏が、鞍馬寺の人々の花見があると聞いてやって来ます。一方、西谷の能力が、東谷の僧のもとに花見への招きの文を届けます。

東谷の一行は、その能力と共に西谷に来て、盛りの花を眺め、西谷の能力も稚児たちの慰みにと小舞を舞います。そこへ山伏が忽然と姿を現します。なんとなく興をそがれた一行は、そのまま帰ってしまいます。一人の稚児が残って、山伏に声をかけ一緒に花を見ようといいます。山伏はこの少年が源氏の頭領の三男の沙那王(牛若丸)であることを知り、その境遇に同情し、花の名所を案内してまわります。牛若が好意に感謝してその名を尋ねると、山伏はこの山に住む大天狗であると名乗り、兵法を伝えるから平家を滅ぼすように勧め、明日の再会を約して飛び去ります。

<中入>

翌日、牛若が顕紋紗のはなやなか直垂姿で僧正が谷に来ると、大天狗が全国の名だたる天狗を引き連れて現れます。そして張良の故事を語り、兵法の秘伝を授け、夕刻になり、行く末の武運を守る事を約して消えうせます。

【詞章】(第43回名古屋春栄会の独吟の部分の抜粋です。

そもそもこれは。鞍馬の奥僧正が谷の。大天狗なり。まずおん供の天狗は。たれたれぞ筑紫には。彦山の豊前坊。四州には。白峰の相模坊。大山の伯耆坊。飯綱の三郎富士太郎。大峰の前鬼が一党.葛城高天。よそまでもあるまじ。辺土においては。比良。横川。如意が岳。我慢高雄の峰に住んで。人のためには愛宕山。霞とたなびき雲となって。月は鞍馬の.僧正が。谷を響かし峰を動かし。嵐こがらし滝の音。天狗倒しはおびたたしや。

 

[ ホーム ] [ 能のミニ知識 ] [ 能の演目の紹介 ]